LU'S LUXE LOUNGE KANDA

Columnコラム

(キャバ嬢向け)キャバクラのお客様と会話で盛り上がるコツ5つのトーク例

ご予約はこちら

Reservation

03-6206-8456

受付時間 20:00–25:00

2021.05.27

お役立ち情報

(キャバ嬢向け)キャバクラのお客様と会話で盛り上がるコツ5つのトーク例

「お客様と会話が続かなくて…キャバ嬢向いてないのかな…」

キャバクラは接客業なので、トークでお客様を盛り上げるのは必須スキルです。

 

とはいえお客様が口数が少なかったり、話にノってこないと盛り上げるのが難しいと感じるでしょう。

 

そこで今回はキャバクラのお客様と会話で盛り上がる4つのコツ、そしてお客様と盛り上がれるトーク例を5つ紹介します。

 

キャバクラのお客様と会話で盛り上がるコツ

お客様と会話で盛り上がるには、まずは相手を楽しませることを意識しましょう。

4つのコツをつかめば、接客がうまくできるようになります。

 

お客様を良い気分にさせる

会話を盛り上げるために、まずお客様を良い気分にさせましょう。

お客様はキャバクラに楽しい時間を求めてきているからです。

楽しませるほどドリンクがでたり、指名をもらえる可能性も高まります。

 

男性のプライドを立てる

女性と比べて男性はプライドが高いです。

特にキャバクラにはお客様気分で来ているので、お客様を立てることが大切。

相手に「この子といると、良い男になったような気分になれる」と思わせましょう。

 

共通点を探す

お客様との共通点を探しましょう。

親近感を持ってもらえれば、相手も心を開いて自分の話をしてくれるようになります。

たくさん質問して相手の興味や関心を聞き出し、「私も同じ」と言うポイントを見つけましょう。

 

オーバーリアクションをとる

お客様の話を聞くときは、オーバーリアクションを心がけましょう。

男性は女性のリアクションが良いと、気を良くしてたくさん話すようになるからです。

相手がたくさん喋ってくれれば、聞いていればいいので楽になります。

 

お客様と盛り上がれる5つのトーク例

次にお客様と盛り上がるためのトーク例を5つ紹介します。

今日から接客に取り入れてみてくださいね!

 

お客様の容姿を褒める

席に着いたらまずはお客様の容姿を褒めましょう。

持ち物でも構いません。

 

あなた「初めまして〜〇〇と言います」

お客様「よろしくね〜」

あなた「いきなりなんですけど、目がすっごい綺麗ですよね!」

お客様「え?そう?」

あなた「めちゃめちゃ羨ましい〜!まつ毛長くて!私の2倍くらい長いですよ〜」

 

このように目についたところを褒めてあげてください。

褒められると気分が良くなり、お客様が心を開きやすくなりますよ。

 

「こんな良いお客様は初めて」と言う

お客様に「初めて」と言う言葉を使いましょう。

男性は「初めて」と言うワードを使った褒め言葉が大好きだからです。

 

お客様「何か飲んでいいよ」

あなた「え!?いいんですか?ありがとうございます!」

お客様「いえいえ」

あなた「こんなに優しいお客様初めてです〜!」

お客様「そうなの?普通じゃない」

あなた「自分から言ってくれる方は珍しいんです!すごく嬉しいです」

 

このように自然な流れで「初めて」を使いましょう。

男性は他の人とは違うと褒められている気分になり、嬉しくなります。

 

出身地を聞く

会話のネタがない場合はまずは出身地を聞いてみましょう。

土地勘がある場所なら共通点になりますし、知らない土地なら「行ってみたいんです」と答えればOKです。

 

あなた「出身はどちらなんですか?」

お客様「東京だよ」

あなた「シティボーイですね!どのあたりなんですか?私は最近上京したので東京まだ分からなくって…いろいろ教えてください」

 

仮に地元の人が来たとしても、”教えてください”を使えば大丈夫。

男性は女性に頼られるのが好きなので、プライドが満たされていろいろと話をしてくれるでしょう。

 

好きな食べ物を聞く

鉄板ネタですが好きな食べ物の話もおすすめ。

食べ物は全ての人に通じるネタですし、同伴のきっかけにもなりやすいからです。

 

あなた「今日は何か食べてきたんですか?」

お客様「軽く飲んできたよ、焼き鳥屋さんで」

あなた「焼き鳥いいですね〜!焼き鳥好きなんですか?」

お客様「そうだね、あとは焼肉とかも好きかな」

あなた「私もです!どっか美味しいお店知ってますか?」

 

このように続けていくと、最終的に「今度一緒にいきましょう」と誘いやすくなります。

同伴につながりやすいので、食べ物ネタは必ず振りましょう。

 

軽い下ネタを言う

ちょっとした下ネタには乗れるようにしておきましょう。

大概の男性は下ネタが好きだからです。

エッチなトークにもうまく返せれば、ノリが良くて楽しいと思ってもらえます。

 

お客様「好きな体位は?」

あなた「え〜!恥ずかしい…松葉崩しかな〜」

お客様「ずいぶんディープなところきたね!」

 

体位の話は、キャバクラで振られる鉄板下ネタ。

ちょっと珍しいものを答えると笑いも取れて盛り上がりますよ。

 

まとめ

今回はお客様と会話で盛り上がる4つのコツと、5つのトーク例を紹介しました。

 

お客様を楽しませられれば、指名をもらえたりドリンク獲得率も上がります。

会話がうまくなれば、自然と売り上げが上がると思って良いでしょう。

 

今回紹介したトーク例を使えば、今日からお客様との会話が盛り上がりますよ!

GROUP

店舗一覧